BOTTOMCOLOR-LIBRARY

into the world of books! 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2007.05.08[火] 退学一年生

高校はもう行かなくて大丈夫です
何故なら全てに興味を持つ好奇心を
この中退生活で学んだからです
現実的には高認を取ったからです

「先生何で勉強するの!?
 英語なんて使わないじゃん。」
あの時あの子は究極の質問をして
その答えも出そうです

高校は一年で退学
辞めたい辞めるな好きにしろ 責任持てよ
そんなこんなで結局タガが外れて
中退しました
親の金フルに使えなかった
ごめんなさい
ごめんなさい

毎日毎日 自問自答
考え過ぎてバイトに遅刻
これで良かったんだろうか?
望んだ道なんだろう?
この後 何が起きるかなんて
予測不可能で
後悔しちゃうんじゃないかって

「先生何で勉強するの!?
 英語なんて嫌い ここ日本。」
外人さんも日本語使えよ 成せば成る
郷に行っては郷に従え

毎日毎日 自問自答
考え過ぎて 全ては麻痺し
最終的には自業自得
親の金フルに使ってよ
親の金フルに使ってよ ねえ
勉強したいなら学校行くべきだ
勉強したくないなら学校行かなくていい
適当に生きんなよ
足元荒れてます

現在退学二年生
もう後悔なんかしてない
担任の担当教科は英語
もう転勤してしまったが

先生僕は勉強するよ
英語なんて普段使わないけど
外人と話してみたいと思ったんです
字幕無しで洋画も観たい
吹き替えじゃ本当の声わかんない

答えの出ない質問を抱えて
勉強を放棄した生徒を
先生は何人知ってる?
担任の担当教科は英語
精神論は担当外
精神論は予想外
もう転勤してしまったが
割と仲いい

先生読書が好きになったよ
活字は謙虚になるから駄目だ
そんな先入観もいつしか消えて
だるいとかも思わなくなって
人の考えを知りたいと思うようになった

さあ もう考え過ぎだ
何もかも考えずに
お笑いライブにでも行きゃあいいんだ
抵抗力付き過ぎた
もう後悔なんてしてない
胸張って言える
もう後悔なんてしちゃいない
胸張って唄える
中退生活フルに満喫しています

時給上がって800円
営業はキッチン
月110時間労働
火曜日が定休日に
まかない引かれて
大体8万8千円の自給自足
しかし
誰が幸せと言った?

誰が幸せと言った?



















------追記:7/16[mon]-11:15am
これまで、読んできた本はなんだろうか。
ガキの時から数えると沢山あるんだけど、いまいち記憶がない。
が、思い出せる限り頑張って書いてみよう。

今まで読んだ本(教科書、図鑑は外す)
絵本、児童書
・オバケちゃんシリーズ(すごく好きだった!
・かいけつゾロリシリーズ若干(これも面白かったなぁ
・モチモチの木
・ウォーリーをさがせ!
・となりのせきのますだくん(今でも名作だと思う
・戦火のなかの子どもたち(ご存知、岩崎ちひろさん
・100万回生きたねこ
よく覚えてるのはこれくらい

一般書物
中学校時代では朝読書っちゅう時間が設けられてて、ほんの15分か20分くらいなんだけども大変ためになった。当時、中1と中3の時の担任が国語の先生であり、先生がもう読まない本を後ろに置いていて、読みたい人は読んでもいいという感じだった。もちろん、持参でもよかった。先生からの本もいくつか読んだ記憶がある。
・窓ぎわのトットちゃん/黒柳徹子
(句読点多くて読みづらいっていう人も意見もあるが、僕は逆に読みやすかった
・氷点/三浦綾子
(先生文庫から借りたやつだが、イマイチわかんなくて挫折。今だったら読めるぞ!

他にも著名有名作家をかじったが、読解力なく挫折した本が多い。先生文庫はきつかった。

高校時代は読書時間が設けていなくて非常に憤慨でしたね。校長先生に講義した記憶があります。少なくともあるとないかでどうだと言ったら、あった方が教育にいいのは当然だと思います。インの時間があるということですから。
仮に読書時間があったとしても、
まず、本の面白さを伝えた方がいいと思う。
この本がいいっていうポイントがないと漫画に走る。
むしろ、漫画の方が割とわかりやすい時もある。
活字慣れするには、トットちゃんは入りやすいです。
読書教育は各教師しかり先生に委ねるとする。

高校では、、
図書室で動物系の本ばっか読んでた気がした。図鑑、動物、図鑑、、、。
模写したり、絵が描きたかったという方が気持ち的には強かったです。

あと、友達から借りた青春小説やケータイ恋愛小説の本もかじったことあるなぁ。
でも、やっぱり読みやすい部類であることは確かだった。
どっちかっていうと日常会話に近かったからだと思います。
勉強する本って言うより、感情を入れる本だとは思った。


ちょっとずつ読書レベルを上げるしかない。
どうぞ、よろしく。
スポンサーサイト
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bclibrary.blog103.fc2.com/tb.php/1-4f9eed70
プロフィール

オーン司書(自称

Author:オーン司書(自称
こちらの図書館は、
非常に偏った出版物による
電子空間となっています。
ご了承願います。
by司書

司書の好きな作家
・宇江佐真理
・桜井亜美
・松岡圭祐
など

好きな擬音語
・ざわ、ざわ、
・ギギギギギギガガガガガガガガガ
など

最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。